ポスター
ダウンロード
学術総会事務局
川崎医科大学リハビリテーション医学教室
〒701-0192 岡山県倉敷市松島577
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部内

※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、運営事務局はテレワークを実施しております。
当面の間、原則E-mailでお問い合わせいただきますようお願いいたします。
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町
2-1-25 JTBビル7階
FAX: 06-4964-8804
E-mail: 44jshbd@jtbcom.co.jp

演題募集

演題募集期間

演題募集を締め切りました。多くのご応募をいただき誠にありがとうございました。
※通常開催を予定しておりますが、新型コロナウイルス感染症の収束状況により
Web開催になる可能性がございます。

応募資格

  • 筆頭演者・発表者は本学会の正会員に限ります。
  • ・演題登録にあたっては筆頭演者の会員番号の入力が必要になります。未入会の場合は事前に入会の手続きを行ってください。

「入会申込書」は一般社団法人日本高次脳機能障害学会ホームページ(http://www.higherbrain.or.jp/)よりダウンロードいただけます。必要事項をご記入の上、下記まで郵送願います。

入会申込書送付先
一般社団法人日本高次脳機能障害学会 事務局
〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2-24-18 江戸川病院内
TEL: 03-3673-1557
※筆頭演者は事前参加登録をお済ませください。詳細は参加登録ページをご確認ください。

筆頭演者・共同演者について

  • ・筆頭演者は、学術総会当日の発表者になります。
  • ・共同演者は、本学会定款第2章第3条の目的(失語症をはじめとする高次脳機能とその障害の研究の発展を図り、関連学会と連絡を保ち、広く知識の交流を求めること)達成に協力し、臨床、研究、教育に携わる方とさせていただきます。
  • ・筆頭演者が事情により発表できない場合、学術総会事務局の承認を得たうえで、当学会会員である共同演者が代理で発表することができます。

優秀ポスター賞について

第44回日本高次脳機能障害学会学術総会におけるポスター発表の中から、高次脳機能障害学の進歩に寄与する顕著な研究発表を「第44回日本高次脳機能障害学会学術総会優秀ポスター賞」として表彰いたします。演題を登録されますと自動的に選考対象にエントリーされますことをご了解ください。なお、掲示時間内のポスター撤去は辞退と見做します。

選考は、発表要旨、ポスターの出来栄え、発表内容および質疑応答などの諸点を踏まえて、選考委員が行います。受賞のお知らせは、当該ポスターへ掲示いたし、受賞者の演題登録時のメールアドレスへ送信いたします。表彰は閉会式の際に行いますのでご出席ください。

なお、学術総会がWeb開催となる場合は、選考は行われません。ご了承ください。

演題登録方法

本学術総会ホームページよりインターネット(UMIN)にて登録いただく形式になります。

1.登録手順

本ページ下部の「新規登録」ボタンから新規演題登録ページに進み、「作成要領」に従って、投稿演題を入力してください。

2.登録番号とパスワード

最初に演題を登録する際に、任意のパスワードを設定していただきます。
このパスワードと登録の際に自動的に発行される登録番号がなければ、演題の確認・修正・削除はできません。この登録番号とパスワードは忘れないように管理いただきますようお願いいたします。
パスワードと登録番号は、必ず書き留めるか、その画面をプリントアウトして保存することをお勧めします。
なお、パスワードと登録番号の記録及び機密保持は、登録者ご本人に依存します。
パスワードに関するお問い合わせには、セキュリティの関係からお答えできませんのでご了承ください。

3.ご注意

①使用ブラウザについて
【Firefox】【Google Chrome】【Internet Explorer】【Microsoft Edge】【Safari】以外のブラウザで演題登録はできません。それ以外のブラウザでは、ご利用にならないよう、お願いいたします。各ブラウザは、最新バージョンの使用を前提としております。
②早めの登録について
締め切り当日はアクセスが集中し、登録に支障をきたす恐れが考えられますので、余裕を持って登録を行ってください。
③内容の確認について
登録ボタンを押す前に、必ず内容に間違いがないか確認してください。

4.演題の確認・修正・削除

演題登録締切日までは、ホームページの演題登録画面より何度でも一度登録した演題を、確認・修正・削除することが可能です。

  • ①ホームページの演題登録画面の「確認・修正」ボタンをクリックしてください。
  • ②登録番号(初回登録時に発行されたもの)と、パスワード(ご自身で入力されたもの)を入力してください。
  • ③画面上で修正し、最後に更新ボタンをクリックしてください。これで修正は完了です。
    ※修正は必ず上記の方法で行ってください。重複登録は出来ません。
  • ④削除も同様の方法で可能ですが、一旦削除しますと元には戻りませんので、「修正・削除」のボタンの押し間違いには、くれぐれもご注意ください。

5.演題受領通知

  • ①演題登録時に入力されたE-mailアドレスに受領通知が届きます。または、ホームページの演題登録「確認・修正」画面にて登録番号、パスワードを入力の上ご確認ください。
  • ②受領通知が届かない場合 登録完了時、画面に登録番号が表示されない場合や、登録完了より1日経過しても受領メールがお手元に届かない場合は、登録が完了していない可能性がございます。受領通知メールが届かない場合、必ず演題申込締切日までに以下のアドレスまでメールにて登録の有無をご確認ください。
    <E-mail: 44jshbd@jtbcom.co.jp

抄録作成要項

1.以下の項目を入力または記入してください。

  • 1)演題名:文字数は全角50字以内です。
  • 2)演者名:筆頭演者は必ず発表者とし、共同演者は最大11名(筆頭演者を含めて12名)までとさせていただきます。
  • 3)筆頭演者の会員番号:会員番号は、本学会誌「高次脳機能研究」をお届けした封筒に貼られているラベルに記載されています。 ご不明の方は学会事務局までお問い合わせください。また、入会手続中の方は「0000」と入力してください。
    会員番号お問い合わせ先
    一般社団法人日本高次脳機能障害学会 事務局
    TEL: 03-3673-1557 FAX: 03-3673-1512
    E-mail: office@higherbrain.or.jp
  • 4)所属機関名:所属は最大12施設までとさせていただきます。
  • 5)抄録本文:文字数は全角800字以内としてください。

2.発表形式、カテゴリーについて

<発表形式>
口演、ポスターのどちらかを選択してください。
<カテゴリー>

希望の発表カテゴリーを下記より選択してください。

1.方法論
1-a症例報告 1-b神経心理学的分析 1-c心理学的分析
1-d画像解析 1-e音声言語学的分析 1-f治療法の効果分析
1-g調査 1-h紹介・啓発 1-iその他
2.疾患名
2-a脳卒中 2-b外傷性脳損傷 2-c脳腫瘍
2-d脳炎 2-e認知症 2-f脳変性疾患
2-g脱髄性疾患 2-h精神疾患 2-i中毒性疾患
  (薬物・アルコール・麻薬・等)
2-j脳性麻痺・先天性疾患 2-k自閉症スペクトラム・発達障害 2-lその他の疾患
2-m健常者    
3.障害名
3-a失語症・進行性失語 3-b失読 3-c失書
3-dアナルトリー 3-e構音障害・音声障害 3-f観念失行
3-g観念運動失行 3-h拮抗失行・離断症候群 3-i口腔顔面失行
3-j構成障害 3-k着衣障害 3-l半側空間無視・半側身体失認
3-m視覚性失認 3-n病態失認 3-o記憶障害
3-p注意障害 3-q遂行機能障害 3-r社会的行動障害
3-s全般的な認知障害 3-t情動障害・精神症状 3-u発達障害・知的障害
3-v運転障害 3-w職業問題・職業復帰 3-x社会的問題・社会参加
3-y生きがい・QOL 3-zその他  

3.抄録作成時の注意

  • ・全角文字は1文字として、半角文字は1/2文字として数えます。アルファベットは半角英数ですので1/2文字換算としてください。半角カタカナや丸数字、ローマ数字、特殊文字等の機種依存文字は使用できません。
  • ・発音記号の入力方法は、登録画面内にある発音記号リンクの記号(タグ)をコピーして、必要箇所にペーストしてください。
  • ・抄録集への写真及び図表の掲載はできません。

演題採否・発表日時通知

演題の採否、発表形式(口演またはポスター)、発表会場、発表時間等については、プログラム委員会(会長および委員)にご一任ください。また、結果は2020年9月上旬までにE-mailにてご連絡いたします。また、ホームページ上にも掲載いたします。
※発表形式(口演またはポスター)はご希望に沿えないことがございますので、あらかじめご了承ください。

個人情報の取扱いについて

演題登録にて収集いたしました「氏名」・「連絡先」・「E-mail アドレス」は、運営事務局からのお問い合わせや発表通知に利用いたします。また、「氏名」・「所属」・「演題名」、「抄録本文」は、本会ホームページ及び抄録集に掲載することを目的として利用いたします。本目的以外に使用することはございません。登録された一切の情報は、必要なセキュリティを講じ、責任を持って運営事務局にて管理いたします。

演題発表における倫理的配慮および利益相反(COI)の開示について

発表に際しては倫理的観点に十分ご配慮ください。
COIの開示対象は発表者全員(共同演者を含む)とし、当該発表に関わる利益相反の有無を申告いただきます。 ※2020年度よりCOI開示対象が変更になっております。
詳細は「倫理的配慮および利益相反(COI)の開示について」をご確認願います。なお、利益相反の有無やその開示内容が問われたり、発表の評価に影響したりすることはありません。学会ホームページ内の「研究における倫理的配慮に関する骨子」をご参照ください。

抄録の著作権について

下記の作業を行わせていただくにあたり、ご登録いただいた抄録の著作権は、日本高次脳機能障害学会に帰属するものとさせていただきます。ご了承いただけますようお願いいたします。
なお、共同演者がおられる場合は、お手数をおかけいたしますが筆頭演者から共同演者にこの旨をお伝えいただけますようお願いいたします。

・事前抄録は、「第44回日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録」に掲載いたします。
・事後抄録は、機関誌「高次脳機能研究」第41巻第1号(2021年3月号)に掲載し、それから約1年後にJ-STAGE(*)にて公開させていただく予定です。
*当学会では、高次脳機能とその障害の研究の発展を図ることを⽬的として、学会会員のみならず多くの研究者に広く情報を提供するため、発刊後1年を経た機関誌に掲載の論文ならびに講演抄録をインターネット上の(独)科学技術振興機構のJ-STAGEにて⼀般無償公開させていただいております。
趣旨をお汲み取りいただき、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
抄録の著作権に関するお問い合わせ先
一般社団法人日本高次脳機能障害学会 事務局
〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2-24-18 江戸川病院内
TEL: 03-3673-1557 FAX: 03-3673-1512
E-mail: office@higherbrain.or.jp

本学術総会は、次の各団体の生涯教育制度や資格更新の単位に認定されるよう申請中です。
申請方法などの詳細は各団体へお問い合わせください。

・⼀般社団法人 日本言語聴覚士協会
・⼀般社団法人 日本作業療法士協会
・⼀般社団法人 日本神経学会
・公益社団法人 日本精神神経学会
・公益社団法人 日本理学療法士協会
・公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
・公益社団法人 日本老年精神医学会

演題登録に関するお問い合わせ先

第44回日本高次脳機能障害学会学術総会 運営事務局
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル7階
株式会社JTBコミュニケーションデザイン ミーティング&コンベンション事業部内
E-mail: 44jshbd@jtbcom.co.jp
※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、運営事務局はテレワークを実施しております。
当面の間、原則E-mailでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページトップへ戻る

Copyright © 第44回日本高次脳機能障害学会学術総会 All Right Reserved.